夢か現か

白昼夢・予知夢のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今さらですが…

今さらですが、東北大震災の予知夢といえる夢かも。
この夢を見た直後、心配で静岡に住む知人に、夢の話と注意喚起の電話をしているので、作り話ではありません。
相手には、『逆に大丈夫か』と、苦笑されましたが…

ただし、311の半年ほども前です。自分でも忘れていて、役には立たちませんでした。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/10/09(日) 07:45:45|
  2. 予知夢。あるいは予知夢?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小さな予知夢・大きな予知夢

一番最近の予知夢は、3月半ば。
新しい仕事の面接に受かって、採用が決まったこと。
それだけなら、願望夢。
だが、まだ見ぬ職場の、机の配置や仕事内容まで先に知るとなると、やはり予知夢。
こういうのは、小さな予知夢。プライベートな夢だから。
その前の職場に採用になる前にも、同じような予知夢を見た。
その時は、5人の同僚のうち、2人と先に夢で会って親切に仕事を教えて貰った。
結局、その仕事はすぐに辞めてしまったが、夢で先に会った2人とだけアドレス交換(相手から希望)して、現在も交流している。


過去一番大きな予知夢は、阪神大震災。
護岸整備された海岸と山に挟まれた地域。山をバックに走る高速道路。大規模な火事。リュックを背負って逃げ惑う大勢の人達。大パニック。
そんな暗示的な夢だった。

予知夢はだいたい、1~2週間前に見る。
でも、空を埋め尽くすUFOの夢だとか、天変地異の夢だとか、輝く世界の夢が、もっと先のことなのか、過去の夢なのか、パラレルワールドの夢なのか、まだわからないでいる。

映画の影響…とは違うと思う。映画では、自分自身に爆風も当たらないし、夢の中の海は、映画みたいに陳腐な荒れ方じゃないし(それはそれは畏怖を感じます…)、光に包まれた感覚を、味わえはしない。

今日は、自己紹介がわりの記事です。

不思議夢の話も、していきたい。過去のものからリアルタイムのものまで。
夢の中でしょっちゅう飛び回っている話、うまく自覚出来れば、テレパシー(壁抜けや千里眼)の訓練をしている話。

見たこともない外国、見たこともない世界の夢の話。

未来やこの世の真実を知るツールは、人それぞれだと思う。
チャネリング・直感・瞑想・実際の交流(宇宙人や異次元の魂との)・・
私の場合はそのツールが、〈夢〉のようなのだ。たぶん。

おっと思われた方は、お付き合いくださいませ。
  1. 2010/04/11(日) 12:49:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。